パチンコ新台情報,パチンコ必勝法,パチンコ攻略法

パチンコ新台情報 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ新台情報 2011/10/07

【パチンコ新台】 CR南国麻雀

ユニークな機種を次々と発表している奥村遊機から話題の新機種が発表になる。2011年10月5日、リニューアルオープンされた同社ショールーム・情報発信スペース「奥村遊館」で大々的にプレス発表会が行われた。新機種は『CR南国麻雀』。ミドルの「M」とライトミドルの「L」、甘デジの「W」の3スペックが用意され、ともに確変突入率100%の魅力的なST仕様となっている。
発表会は、営業本部 取締役本部長 加納孝氏の挨拶で幕を開けた。「麻雀が分からないユーザーにも遊びやすく、分かりやすい演出にしました。南国の演出と麻雀の融合、どうぞご期待ください」と力強く述べられた。
プロモーション映像の紹介に続いて、商品企画グループ主任 小笠原義基氏より開発コンセプトが紹介された。それによると、同社オリジナル機種『CR華牌』を基にして、打ち手を選ばない遊技性を追求したという。さらに、『CR華牌』の最強雀士「翔」を中心としたキャラ設定にグラビアアイドル・夏月(なつき)など新たなキャラクターも追加された。
盤面イメージの変更によって南国らしさを強調している『CR南国麻雀』は、ゲーム性を広げる多彩なSTと、右打ち消化が大きな特徴。また演出面では、プレイヤーを南国へと誘う演出群とその世界観漂う数々のギミック「ハイビスカス」や「ヤシの木」、「巨大点棒」や「イーピンフィギュア」などによるアクションが楽しい。
大当たりはすべて出玉ありのラウンド振り分けタイプで、2R当たりでも出玉がある点がプレイヤー目線と言えるだろう。ミドルとライトミドルの場合、「暴発花火タイム」は2R当たりの後に突入する55回転の電チューサポートチャンスで、そこで当たらなくても「告白タイム」の18回転での引き戻しも期待できる。甘デジの場合は、通常からの2R当たり後にはいずれも8回転の「告白タイム」or「暴発花火タイム」に突入するので、若干フローに違いがあることを覚えておこう。
また、電チューサポートがフルに付く「南国翔タイム」もスペックによって異なり、ミドルとライトミドルは69回転+「漢哭きの四発」の4回転で連チャンの大チャンス。確変突入率100%、ST73回転であれば、つぼにはまればドル箱タワーの建設も夢ではない。一方、甘デジの場合、通常から16R大当たり後は電チューサポートがフルに付くのは「SUPER南国翔タイム」69回転となっており、「南国翔タイム」は通常から4R or 8R or 12Rの大当たり終了後に電チューサポートが19回 or 29回転となっている。
この機種の攻略>> 他の新台を検索>> 記事の続きを読む>>この記事は777@niftyに帰属します。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。